バレリーナAちゃん親子のバレエなまけもの日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS 発表会当日の話 4

<<   作成日時 : 2009/05/15 01:51   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は息子が、ちょっと面白い経験をしたのだぁ。


某製菓会社のTVCMの出演者オーディションの話を頂いて、
息子、オーディション初体験〜! ←男性バレエダンサーの募集

お笑い系のCMらしいんだけどね、何事も経験!って事で、
息子は大学の授業終了後にオーディションの会場へ。

私は付き添い。 笑   ←私は朝レッスン受講後に会場へ。


オーディションの参加者は男性のみ約20名位かな?
高校生〜20代中盤位の男性募集との事だったんだけど、
殆どのダンサーが20代中盤の大人。。。 (^^;)

『 お、大人だ・・・。 みんな大人だぁ・・・。 (−−;)』

息子のヤツ、一瞬3歩下がりかけてたわ。 笑


息子が貰った番号は10番。 

番号順に4人位ずつスタジオに入り2×8位の短い振りを貰い、
お菓子の袋を手に持ってカメラの前で踊る・・・ って形式でした。


スタジオのドアは開け放されていたので、
中の様子は見てもOK。 
同じ振りを踊るから、外から見て覚えるように言われてた。

で、廊下で振りを確認しザンレール飛んだ息子、
滑ってスッ転んでました。 ぶはは。 そりゃ廊下じゃ滑るわさ。


息子がスタジオ内で踊る様子は、
私も廊下からスタジオの鏡越しに見てましたが、
ちゃんと頑張ってたよ。

最後のザンレール斜めに飛んじゃって、
着地後に笑ったのが丁度良い笑顔になってたわ。 ははは。


まぁ、結果がどうであれ息子にとっては良い経験だったかな。

大学の夕方の授業に間に合わなくなっちゃったけどね。。。




って事で、舞台裏話大会の続きぃ〜! (^^)b



1幕のラストシーン、
ヒラリオンがアルブレヒトの隠しておいた剣を持ち出し
ジゼルに真実を伝えようとする大事な場面。

本番で使った剣は凄〜く重たい金物の剣だったんだけどね、
実は前日用意されてた剣は何と木製だったの〜。

だもんだから、アルブレヒトが剣を投げ捨てると・・・
カランカラ〜ン。。。  き、木の音だぁ〜。 (−−;)

で、またヒラリオンが剣を投げ捨てると、カランカラ〜ン。。。

更に、床に捨てられた剣に私が躓くと、カランカラ〜ン。。。

まぁ その音の間が抜けてて軽いことったら。
思わず笑い出してしまう私達・・・。 (^^;)))


小道具を用意してくれた舞台監督さんに、
『 SKちゃ〜ん・・・ この剣、他のに変えられないかなぁ・・・?
 あまりにも軽い木の音がぁ・・・。 』 と一同頼み込んでみた。

それで、本番当日は重〜い剣になって、
カランカラ〜ン は聞こえ無くなったのでした。 ぷぷぷ。

でもね、本番で使った剣、すんごぉ〜く重たかったのだ。 (。。;)



そして、バチルダ姫が自分の左薬指の指輪を指して、
アルブレヒトが婚約者だとジゼルに告げる衝撃のシーン。

彼は私の婚約者よ! と、姫が指した薬指・・・
あ、あれ?? 無い。 無いよ。。。
婚約指輪は? あのデッカイ ダイヤの指輪は〜?!

なんと姫、本番で指輪を忘れちゃったのだぁ〜。 (^^;)))

ん〜。 ビックリした・・・。



そんな可笑しな事が満載の状況では有りましたが、
息子の黒鳥を見終え次はジゼルとなった時、時雨ちゃんには
『 さ、思いっきり狂っておいでね♪』 って言われてたし、
スタジオリハの頃には息子に
『 本番は もっと狂ってね♪』 って言われてたし、
も〜思いっきり お芝居しちゃうよぉ〜っ! ジゼルしちゃうよぉ〜っ!


ショックに倒れ母ベルタに寄り添われて
髪を ほどいてもらうとやはり芝居にグンと気持ちが入る。

客席からは見えなかったと思うけど、私は
本当にボロボロと涙を流しながら お客様の方へ顔を上げたの。

息子、近くに立ってた貴族役のYちゃん先生に思わず確認したそう
『 Aちゃん先生、本当に泣いてるっ・・・?!』 ←絶句中

そして息子は芝居の間中、心の中で叫んでたんだって・・・
『 もう、やめてくれぇ〜! オレ、貴族の役なのに、
 一緒に悲しんじゃダメな立場なのに、泣いちゃうよぉぉぉ〜!』

舞台上の村人の中にも一緒に泣いてしまって、
鼻水が止まらなくなって困りましたぁ!って人が居たり、
役者冥利に尽きる感想を沢山貰いました。 (*^^*)


この狂乱の場面、髪をほどいてもらう時に
私は あえて髪飾りの花を1房だけ頭に残してもらってたのね。

で、これまた凄い偶然なんだけど、
ジゼルがアルブレヒトにリフトされて息絶えて倒れる寸前に
その花が私の髪からポロリと取れて床に落ちたんだって。

それがまるで命の灯火が消えるかの様なタイミングだったとか。

私は全然気付いてなかったんだけど、
そんな事って有るんだね〜! 何だか凄くドラマチック・・・。


そこからは緞帳が下りるまで、息絶えた私は目を瞑ったまま、
ベルタやヒラリオンやアルブレヒトの芝居の遣り取りを、
空気で感じ続けていましたがぁ・・・ 
本当は、目を開けて見ていたかったよぉ〜っ!! (^^;) 笑



緞帳が完全に下りたのを気配で感じ取り、パチッと目を開けた私
むくっと起き上がって 『 後、半分だ。』 と
隣に寄り添っていたベルタのK先生に呟く・・・。



そう、ジゼルは死んじゃった。 もう生きた人間じゃなくなった。

そうしたら不思議と余計な物が全部一緒に無くなっちゃったの・・・
『 あ・・・、2幕大丈夫だ。 リフトも全部、上がらない気がしない。』
変な言い回しなんだけど、成功する気がしたんじゃなくて、
失敗する気が全然しなかったの。 なんでなんだろね?

微妙なニュアンス過ぎて分んないよね〜。 (^^;))) スイマセン



楽屋に戻って鏡の前で、頬紅と口紅を拭い、粉を はたく。

もう血の通っていない
体温の無い死後の世界の住人になる為に・・・。 死んでいく自分。




んで、打撲が痛い! って・・・生きてるじゃんね。 (^^;))) 笑
* ABC・FACTORY Vol.17 *
『 ギリシア悲劇 Nへのオマージュ 』
台本・演出・振付:安藤雅孝
2016年 12月3日(土)〜4日(日)
 ※ 全3回公演
前売券¥4,500- 全自由席
大和田文化総合センター 伝承ホール(渋谷駅徒歩5分)
皆様お誘い合わせのうえ是非ご来場下さい!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Aちゃん様〜
読んでるだけで 泣けるんですけど〜
みーしゃ
2009/05/15 14:24
* みーしゃさん
一緒に泣いてくれる人が居ると嬉しい〜!
息子は舞台が終わってからも
何度も思い出し泣きしそうになったんですって。笑
Aちゃん
2009/05/16 17:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

舞台のお知らせ等♪


愛のポチ♪
宜しくお願いしま〜す!!


皆様の力で原因究明を!


お気に入りブログへ♪


お買い物ページへ♪





画像
発表会当日の話 4 バレリーナAちゃん親子のバレエなまけもの日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる