バレリーナAちゃん親子のバレエなまけもの日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS ロイヤルのラフィーユ観てきた!

<<   作成日時 : 2010/06/20 00:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

今日、息子と2人で上野の文化会館へ
英国ロイヤルバレエのラフィーユ・マルガルテ を観に行きました♪

画像




随分前に母が チケット予約してあげるね〜!って言ってくれてて、
そのまんまスッカリ忘れておりまして・・・ 
チケットの電話予約したのは数日前。。。 (^^;)

マチネ公演とは言え今からチケットとるんじゃ、
多分凄い前の方の凄い端っことか、
凄い後ろの端っことかだろうな? と、思っておりましたんですが・・・

行ってみてビックリ!!
なんと席は真ん中の横通路から2列目で、
しかも、ど真ん中の縦通路から3席目と4席目だったんです〜!

超超超良い席じゃん〜っっっ!!


私達の前列には関係者と見受けられる方々がずらりと並び、
斜め前にはロイヤルバレエ芸術監督のモニカさんが座ってました。


今更になって電話したのに こんな良い席が取れるなんて。
多分 急にキャンセルとかでポッコリ席が空いたんでしょうね〜。

超ラッキー!! でしたよぉ〜♪♪♪



息子はラフィーユを観るのは今回が初めて。
凄〜く楽しんだようです (^^)b




私が以前所属していたカンパニーでは
比較的小さなカンパニーとはいえ
元ロイヤルのプリンシパルが芸術監督をしていたので、
やはり今回と全く同じアシュトン版を上演していました。

なので、凄〜くなつかしかった〜っ♪



もう既に10年位前になるので、  ←帰国して8年経ちましたので
どんな振り付けだったのかも忘れちゃってたから
あぁ こんな振りだったなぁ〜 とか思いながら観てました。


当時私はリーズの友人に入ってたんだよなぁ〜。

クロッグダンスで本番中にクロッグシューズのゴムが切れて、
靴が飛ばないようにトウシューズを履いた足裏で
突っかけたクロッグシューズを必死に掴んで踊った事も思い出した。

1幕後半のパドドゥの時、リーズの友人達がリボンを使って
三角や四角を作るシーンが有るんだけど、
あれ、凄い大変だったっけ。。。
今日のリボン、三角を3つ作る所で1人リボンを持ち損なって
三角が2つになっちゃってた。 あ〜っ 惜しいっ! とか思ったり。

リーズがリボンだけを頼りにプロムナードする所では、
リハーサルでコーラスに体当たりされて
私の肘の関節がずれちゃった事とかまで思い出した。 笑

2幕のラストは一緒にララララララ♪と歌いそうになった〜っ!

色んな事が有り過ぎて書ききれないや。 あはは


そういえば あの時、振り付けに来て下さった先生方から
『 Aちゃんの踊りには Soul が有る!
 みんなもAちゃんの様に踊ってくれ!』 って言って頂いて、
先生方が そこを見てて下さった事が凄く嬉しかったのも思い出した。

そうだよね、いつも Soul を込めて演じていかなくちゃね。

今更ながら・・・ 先生ありがとうっ!



今日の舞台はロイヤルの素晴らしいダンサーと
ラフィーユの明るく楽しい雰囲気を堪能すると同時に、
それぞれのシーンで当時の事が頭に浮かんで
色んな意味で息子とは違った楽しさがありました。 (^^)b


あの頃は踊る事に一所懸命で あまり感じてなかったけど、
元ロイヤルのプリンシパルを引退し指導や制作に活躍される
マイケル・コールマン氏やスティーブン・ジェフリース氏
ウェイン・イーグリン氏等と、一緒に お仕事させて貰ってたのって
ありがたい事だよね〜。 ホント今更ながら思います。。。





明日は息子が名古屋でリハーサルの為、親子パドドゥはお休み。

自分のレッスン、しっかり頑張ろ〜っと! p(^-^)q





明日も頑張る気持ちに、宜しかったら愛のポチ♪宜しくで〜す!

 にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ    FCブログランキングへ   

 人気ブログランキングへ






このコーラスは、マイケル・コールマンさんです♪
フレデリック・アシュトンのラ・フィーユ・マル・ガルデ [DVD]
ワーナーミュージック・ジャパン

ユーザレビュー:
1981年の作品です ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




* ABC・FACTORY Vol.17 *
『 ギリシア悲劇 Nへのオマージュ 』
台本・演出・振付:安藤雅孝
2016年 12月3日(土)〜4日(日)
 ※ 全3回公演
前売券¥4,500- 全自由席
大和田文化総合センター 伝承ホール(渋谷駅徒歩5分)
皆様お誘い合わせのうえ是非ご来場下さい!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
ブログは読ませていただいてましたが、初コメです。
Aちゃんさんって凄い方なんですね!
ロイヤルの元プリンシパルとお仕事なんて!
リーズの友人ってことはソリストさんですよね?
海外のバレエ団でソリスト!
あんまり凄いので勢いで書いちゃいました。
失礼しましたm(__)m
なお
2010/06/20 18:57
* なおさん
海外と言っても日本じゃ無いだけで
小さなカンパニーでしたから(^^;
ソリストロールも沢山踊らせて戴き
良い経験となりました。(^^)
私はバレエを踊るには身体条件が
全然備わって無いので必死でしたよ〜。
今じゃ引退直前のオバチャンです。笑
Aちゃん
2010/06/20 20:31
私も(男一人で)観にいきました。
凄く楽しい作品ですよね〜。
もっと男性もバレエの魅力を知って欲しいです!
ドロッセルマイヤー2010
URL
2010/06/20 20:35
* ドロッセルマイヤー2010さん
観に行きましたか〜♪
ラフィーユは明るいし楽しいし
誰もが楽しめる作品ですよね〜♪
ウチの息子も男性ですよ〜っ(^^)
あ、息子だから男性ですよね。笑
私、バレリーノさんを応援してますっ!
Aちゃん
2010/06/20 20:46
素敵な思い出ですねぇ〜!!

そうなのですよ!!「Soul」ビンビンです。舞台に出てきただけで「華」がるっていうか、存在感!!まさに「あふれだすSoul」でした。
acha
2010/06/20 20:57
Aちゃんさん、元ロイヤルのプリンシパルのもとで踊ってらしたのですか!?すごい方です!!
去年イギリスに留学していて、たくさんロイヤルオペラハウスで公演をみました。色々思い出しました。ラフィーユはまだみたことがないです。
日本も手ごろな価格でバレエ鑑賞ができるようになると良いな。(*^_^*)
Uluru
URL
2010/06/20 22:56
* achaさん
わぁ♪そう言って戴けると超嬉しいっ!
条件も何も備わって無いから
気持ちは込めて踊りたい!って
常々思っているんです(^^)
ありがとう〜っ♪♪♪

* Uluruさん
イギリス留学ですか!素敵な所ですよね。
私は英国にはカンパニー所属中に
留学中の友達をつてに10日間位だけ
旅行で行った事がありました。
ロンドンの街でオープンクラスを
受講したりミュージカルを観たり・・・。
日本でのバレエやオペラのチケットは
本当に高額でなかなか手が出ません。泣
手頃な価格になって欲しいですね〜!
Aちゃん
2010/06/21 03:05
あああ〜うらやましい………
なんで関西では上演されないのかしらん(涙)
日本公演の客席には、レスリー・コリアも来てたとか…

ちなみにワタシが持ってる画像のリーズが、レスリー・コリア。
DVDじゃなくてLDってとこが(爆笑)
ちちゃ*ぷな
2010/06/30 07:26
* ちちゃさん
さすがにロミジュリはとれなかった〜。
そう言えばLDっての有りましたねぇ。
ほんの数十年でこの進歩・・・凄過ぎる!
Aちゃん
2010/07/03 20:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

舞台のお知らせ等♪


愛のポチ♪
宜しくお願いしま〜す!!


皆様の力で原因究明を!


お気に入りブログへ♪


お買い物ページへ♪





画像
ロイヤルのラフィーユ観てきた! バレリーナAちゃん親子のバレエなまけもの日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる